東京都港区,清和法務,コンサルティング,収容令書を受けて収容,収容所では治療困難な病気に罹患,病気を理由,仮放免申請

     清和法務
コンサルティング
 清和法務コンサルティングは東京都港区に所在を置く清和行政書士事務所に所属しています。
・外国人の方の在留・就労国籍・永住許可・帰化手続だけでなく、
・日本で事業をを行おうとする会社設立、公的な制度融資のサポート、補助金・助成金の申請のサポートなど事業資金に関するお悩み事・お困りごとのサポートをします。
まずは、清和法務コンサルティングに!
 
お気軽にお問い合わせください
初回相談料無料!
   090-9297-0310
    (直通)
〒107-0052  東京都港区赤坂1-3-5
   赤坂アビタシオン3F
  

22.仮放免申請について

EX収容令書を受けて収容されているところ、収容所では治療困難な業気に罹患しているような病気を理由として仮放免申請をすることができるか?
 
1.仮放免とは
→収容令書または退去強制令書により収容されている外国人について、請求により又は職権で一時的に収容を停止し、身柄の拘束を仮に解く措置です(入管54)
   ・収容令書による収容期間は「30日」(但し、主任審査官においてやむを得ない事由があると認めるときは、30日を限り延長することができる)。
EX退去強制令書による収容は「返還可能のときまで」と定められているのは、
 ⅰ)被収容者の健康上の理由、
 ⅱ)出国準備ために身柄の拘束をいったん解く必要が生じることもあるために設けられた。
 
2.仮放免の許可(入管54Ⅱ)
→仮放免の許否を決する際に勘案され点(仮放免取扱要領9)
①仮放免請求の理由およびその証拠
②被収容者の性格、年齢、資産、素行および健康状態
③被収容者の家族状況
④被収容者の収容期間
⑤身元保証人となるべきの者の年齢、職業、収入、資産素行、被収容者との関係および引き受け熱意
⑥逃亡し、または仮放免に付する条件に違反するおそれの有無
⑦日本国の利益または公安に及ぼす影響
⑧人身取引等の被害の有無
⑨その特別の事情
 
 ・仮放免の許可に際して
ⅰ)入国収容所長または主任審査官は、
Ⅱ)300万円以下の保証金を納付させ、
ⅲ)住居及び行動範囲の制限、
ⅳ)呼び出しに対する出頭の義務その他必要と認める条件を付するものとされている。
→保証金については、被収容者が差し出した保証書をもって保証金に代えることを許すことができる。
→保証書には保証金額およびいつでもその保証金を納付する旨を記載しなければならない。
 
3.仮放免の取消し
1)取消事由(入管55Ⅰ)
①逃亡した
②逃亡すると疑うに足りる相当の理由がある
③正当な理由がないのに呼び出しに応じない
④仮放免に付された条件に違反したとき
 
2)収容(入管55Ⅳ)
 ・仮放免が取り消された場合
ⅰ)収容令書または退去強制令書により
ⅱ)入国収容所、地方入国管理局の収容場その他
ⅲ)法務大臣またはその委任を受けた主任審査官が
ⅳ)指定する場所に再び収容される。
 
3)保証金の没収(入管55Ⅲ)
 ・仮放免が取消されたとき
ⅰ)全部没収:取消し理由が①および③の場合
ⅱ)一部没収:その他の理由の取消し
 
→仮放免の取消しではない場合
ⅰ)退去強制令書により収容されていた者が仮放免中に自費出国する場合
ⅱ)仮放免のきゅおかに期限が付されている場合であて、期間満了により再度収容されたとき



〒102-0052
東京都港区赤坂1-3-5赤坂アビタシオン3F
TEL:03-6893-0353

    

    お問い合わせ


10:00~19:00

問い合わせフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜日・日曜日・祝日

土曜日・日曜日・祝日の面談は事前にご予約をください。